医療関係者の方はこちら

お電話でのお問い合わせ03-3399-1101(代表)

> 診療科 > 眼 科 > 疾患解説 眼瞼けいれん/片側顔面けいれん|眼科

疾患解説 眼瞼けいれん/片側顔面けいれん|眼科

> 診療科 > 眼 科 > 疾患解説 眼瞼けいれん/片側顔面けいれん|眼科

眼瞼けいれん(がんけんけいれん)

1. 眼瞼けいれんとは

~けいれんというからにはピクピクする?~

眼瞼けいれんは読んで字の通り、”目の周りのけいれん”という表現になっていますが、実際にはピクピクするわけではなく、目の周りの筋肉に脳からの命令が正しく伝わらないことで、上手に目の開閉ができなくなる状態を示しています。おおむね50~70代の女性に多く見られる病気で、パソコンなどの目を使う作業をよくする方以外にも、普通に生活していても出てくる症状です。

2. 症状

初期には光がまぶしく感じる、目が乾く、ショボショボするといったドライアイのような症状が見られ、それが悪化してくると、自分の意思で目が開けられなくなったりして、手を使って目を開けなければならないなど、日常生活に支障を来すようになります。

3. 治療法

①ボトックス注射ボトックス注射の項を参照ください。

②手術:眼瞼けいれんには、まぶたの筋肉を開きやすくするように、筋肉や皮膚を切開する手術方法も実施されることがあります。

③その他:特殊な眼鏡での治療として、眼瞼けいれんでは、まぶしさを軽減させることで目が開けられるようになることもあるので、遮光レンズを使うことで症状が軽減する方もいます。また、目の周りを押さえることで症状が軽減されるため、クラッチ眼鏡という特殊なまぶたを押さえる眼鏡もあります。

片側顔面けいれん(へんそくがんめんけいれん)

1. 片側顔面けいれんとは

顔の片側だけが無意識にピクピクする病気であり、顔面の神経が何らかの原因で隣り合っている血管などに圧迫されることで刺激されて、自分の意思に関係なく筋肉が動いてしまうことで発生すると考えられています。物理的な異常が原因となる場合は、放置しても自然に治ることはないと言われています。

2. 症状

顔の左右どちらかが、自分の意思に関係なく持続的にピクピクします。症状が時間によって出るとかではなく、多くは症状が途切れることなく出ます。

3. 治療法

①ボトックス注射ボトックス注射の項を参照ください。

②手術:片側顔面けいれんは血管などが神経を圧迫して発生していることがあり、そのときは外科的処置で、圧迫を解除することで、けいれんを押さえる手術をすることがあります。

4. よく似た病気

似た症状で目の周りが、たまに太ももの筋肉がピクピクするように、規則的にけいれんするという症状の方がいますが、これは眼瞼ミオキニアといって、疲れなどでたまに出るもので、大半は自然に治ります。

用語
解説
ボトックス注射

ボトックスとは

ボトックスとは、食中毒の原因となるボツリヌス菌が持っている、神経を麻痺させる作用があるボツリヌストキシンというタンパク成分を抽出したもので、ボツリヌス菌がもつ毒素を薬として利用した薬剤です。毒素というとびっくりするかもしれませんが、神経を麻痺させる作用がある毒素を、痙攣している筋肉に直接注射することで、その筋肉がゆるみ、痙攣がおさまる(個人差もありますが2ヵ月~4ヵ月)という効果を医薬品として利用するものです。 もともと、1980年代からアメリカや英国で眼瞼痙攣・斜視・顔面痙攣・痙性斜頚・美容治療(しわ・たるみ取り)などに使用されており、日本では1996年より眼瞼痙攣に対して、2000年より片側顔面痙攣に対して保険承認を受けた治療法です。

ボトックスが出る前の治療

これまでの治療には、まぶしさに対してサングラスを装用したり、点眼薬によりある程度の症状を軽減させたり、神経の興奮を鎮める内服薬、手術療法などがありますが、やや効果が弱かったのが現実でした。そこで、登場としたのがボトックス注射であり、治療を受けた患者さまの80%で症状の改善が得られるという統計が出ています。しかし、ボトックスもまた基本的には対症療法という症状を一時的(数ヵ月単位)に軽減させる治療ではあるので、数ヵ月で薬剤の効果が薄れてきた際には繰り返し注射を受ける必要があります。

方法

最初に眼の周りに局所麻酔をしみこませたテープのようなものを貼り付けて、準備します。その後に、眼の周りの概ね6ヵ所に薬液を入れて終了します。時間としては、5~10分程度の短時間で終わりますが、やはり針をさしますのでチクッとする痛みはあります。

効果

  • 注射後,2~5日で効果が現れてきます。
  • 2~4週間で効果が最大になります。
  • 3~4ヵ月で徐々に減弱していき、再び注射前の症状が再び出てきますので、症状が出るようになったら再度注射をするか担当医との相談となります。
  • 再投与後は個人差もありますが2~5ヵ月の持続効果が期待できます。

副作用

頻度が高い副作用として皮下出血がありますが、だんだんと吸収されますので問題はありません。また、筋力の一時的な低下や麻痺により、まぶたが閉じにくくなることがあり、それが原因で涙が出たり、逆に眼が乾いたりといった症状が出てしまうことがあります。 他には、眼瞼下垂(まぶたが落ちてくる)、複視(物が二重に見える)、調節痙攣(ピントが合いにくい)などがあります。また、まれには疲れや倦怠感、全身の筋力低下なども引き起こすこともあると言われています。
 しかし、これらの副作用は一時的であることが多く、薬剤の効果が減少するにつれて、そのような副作用も減少してきます。特に初めての治療の時に出やすいのが特徴で2回目以降は著しく頻度が下がります。効果の出方や持続時間、また副作用の出現率には個人差がありますので、きちんと医師と症状を相談しながら経過を見つつ、治療を行いましょう。

ボトックス注射の資格

眼瞼けいれん・片側性顔面けいれんに対するボトックス注射(ボトックス療法)は、所定の研修及びボトックス使用の認定を受けた医師のみしか施行できません。くわしくは担当医に聞いてください。

Page Top