医療関係者の方はこちら

お電話でのお問い合わせ03-3399-1101(代表)

> 診療科 > 消化器内科・肝臓内科

消化器内科・肝臓内科

> 診療科 > 消化器内科・肝臓内科

当科の特徴

消化器内科は食事・栄養の消化・吸収を行う、消化管と肝臓・胆道・膵臓の疾患を診療します。杉並で最も信頼される消化器センターを目指し、連携する外科・放射線科・内視鏡センターと協力しながら日々診療にあたっています。

主な対応疾患

食道 食道炎、食道静脈瘤、好酸球性食道炎、食道がん等
胃潰瘍、ヘリコバクター・ピロリ菌感染症、胃ポリープ、胃がん等
十二指腸 十二指腸炎、十二指腸潰瘍、十二指腸ポリープ、十二指腸がん等
小腸 小腸潰瘍、クローン病、小腸炎、小腸ポリープ、小腸イレウス、小腸がん等
大腸 潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸ポリープ、大腸イレウス、大腸がん等
肝臓 急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝、肝細胞がん等
胆道 胆嚢炎・胆管炎、胆嚢結石、胆管結石、胆嚢炎、胆嚢がん、肝外胆管がん等
膵臓 急性膵炎、慢性膵炎、自己免疫性膵炎、膵のう胞性腫瘍、膵がん等

消化器がん

外科・放射線科・内視鏡センターで構成する消化器センターカンファレンスで早期がんや進行がんに対する最適な治療を検討します。消化器内科では胃がんや食道がん、大腸がんに対する内視鏡治療ESD、3cmまでの肝臓がんに対する経皮局所療法RFA、進行した消化器がんに対する化学療法を行っております。

消化器炎症

消化器難病のクローン病、潰瘍性大腸炎、好酸球性消化管疾患、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎、膵臓IgG4関連疾患などに対するステロイドや生物学的製剤での治療を行っております。

Page Top