受診される患者さんはこちら

お電話でのお問い合わせ03-3399-1101(代表)

栄養管理科

栄養管理科とは

患者さんの治療が滞りなく行われるよう「食事」を通してサポートさせていただいている部署です。
当院は各病棟に管理栄養士を配置し、提供した食事の摂取状況を確認するほか、日々の様子なども血液検査データ等とともに確認し、入院中の栄養管理を担当しています。
また、自宅でも食事療養を行う患者さんには入院中または外来にて栄養指導を行っています。通院が難しい患者さんに対しても、栄養状態の維持、改善ができるよう、訪問看護スタッフとともに在宅栄養指導も行っています。

方針・目標

  1. 多くの患者さんに「美味しい」と感じていただける食事の提供に努めます
  2. 治療が滞りなく行える栄養管理の実施に努め、充実を図ります
  3. 食事療法が継続しやすい栄養指導に努めます
  4. 入院中だけでなく、退院後も栄養状態の維持、改善を目指し、栄養管理に努めます

業務体制

管理栄養士6名、栄養士1名で、入院および外来の栄養指導、および病棟単位の栄養管理を行い、栄養状態の維持、改善に努めています。その一環として栄養指導および栄養管理の内容や方法を検討する目的で、学会・勉強会での発表も積極的に行っています。

過去3年の学会発表実績

年度
学会名
演題
2015
第58回日本糖尿病学会年次学術集会 Self-efficacyを促す糖尿病教室の検討
第19回日本病態栄養学会年次学術集会 糖尿病患者と便秘を招く食習慣の検討
心不全患者の在院日数とそれに影響する因子
入院中2度胃の手術を施行し栄養管理等に難渋した症例
第31回日本静脈経腸栄養学会 小腸人工肛門において栄養ルートおよび排液コントロールに難渋した1例
2016
第20回日本病態栄養学会年次学術集会 腹部大動脈瘤術後の栄養管理
肝不全経腸栄養剤の栄養改善効果と導入時期の検討
第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会 呼吸状態に合わせた栄養剤の投与によって経腸栄養の継続に成功した1例
2017
第21回日本病態栄養学会年次学術集会 当院における化学療法が継続できた胃術後患者の傾向
救肢困難と思われた下肢急性動脈閉塞患者に対し免疫調整栄養剤による栄養管理を行った一例
下肢潰瘍、食思不振患者の栄養管理に難渋した一症例
第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会 頻回下痢に伴う褥瘡に対し、成分栄養剤を使用し、下痢及び褥瘡が軽減した1例

認定資格者

糖尿病療養指導士
4名
病態栄養認定管理栄養士
1名
病態栄養専門管理栄養士
1名
がん病態栄養専門管理栄養士
1名
NSTコーディネーター
1名

2018年4月現在

トピックス

Facebookより

これからのトピックス

第2水曜日は当院7階のレストラン「ブルーメ」にて引き続き杉並野菜デーを開催していきます。

Page Top