医療関係者の方はこちら

お電話でのお問い合わせ03-3399-1101(代表)

> 病院案内 TOP|理念・院長あいさつ

病院案内 TOP|理念・院長あいさつ

> 病院案内 TOP|理念・院長あいさつ

荻窪病院の理念

患者さんへ 安心で信頼される医療を提供します。
職員へ やり甲斐のある仕事と豊かな生活の場を提供します。

院長あいさつ


  • プロフィール

    医師紹介

    外科・消化器外科

    理事長
    病院長
    外科部長
    消化器センター長

    村井 信二

    Murai Shinji

    入職
    1999年
    主な専門分野
    消化器外科(胃・大腸)、肝胆膵外科、内視鏡外科
    認定資格・所属等Qualification / Affiliation
    • 医学博士
    • 慶應義塾大学医学部客員教授(外科学)
    • 日本外科学会指導医
    • 日本消化器外科学会認定医
    • 日本消化器内視鏡学会指導医
    • 日本内視鏡外科学会評議員
    • 日本肝胆膵外科学会評議員
    • 日本臨床外科学会評議員
    • 日本医師会認定産業医
    経歴History
    1987年 東海大学医学部・千葉大学医学部大学院 卒業
    1987年 慶應義塾大学外科学教室入局
    1988年 東京歯科大学市川総合病院
    1989年 大田原赤十字病院(現:那須赤十字病院)
    1990年 慶應義塾大学病院
    1993年 東京電力病院
    1994年 大田原赤十字病院(現:那須赤十字病院)
    1999年 荻窪病院 入職
    2004年 荻窪病院 外科部長
    2009年 荻窪病院 病院長
    2011年 慶應義塾大学医学部客員教授
    2016年 荻窪病院 理事長

荻窪病院は1936年に設立された中島飛行機付属病院を前身として、長年地域の皆さんに信頼される病院を目指してまいりました。

近年では2008年に心臓血管センター開設、2013年には別館建設に伴い35床の増床と救急科の設置、2015年には病院設立以来初めてとなる脳神経外科の開設と、常に地域における救急医療・急性期医療の需要に応えるべく、変化し続けてまいりました。

「目の前の患者さんに人として寄りそって、最高の医療を提供する」

それはシンプルではあるけれども、達成しがたい目標だと言えるでしょう。それを一人ではなく、職員全体のチーム力、荻窪病院のチームとして達成したいと願っています。

道半ばではありますが、2017年8月、このチーム力で我々は東京都地域医療支援病院の承認を受けることができました。

これまで多くの皆さんに支えられ80年歩んできたこの地で、今後また80年以上医療を提供し続けられるよう、たゆまぬ努力を続け、地域の急性期病院としての務めをしっかり果たしていく所存です。

基本方針

  1. 急性期医療に全力で取り組み、地域社会に貢献します。
  2. 個人の権利を尊重し、相互信頼に基づいた患者さん中心の医療を提供します。
  3. 豊かな人間性と優れた技能を有する医療人の育成に努め、活力のある病院づくりをします。
  4. 経営の健全化に努め、質の高い医療を地域に提供し続けます。

患者さまの権利と義務

荻窪病院は、「安心で信頼される医療」の理念にもとに、患者さまの権利を尊重した医療を提供いたします。 また、医療は患者さまと医療従事者が互いの信頼関係に基づき、協働して作り上げていくものであり、患者さまの義務についてご理解をお願いします。

  1. 全ての患者さまは、一人の人間として尊重され、平等に医療を受ける権利があります。
  2. 病気、検査、治療、見通しなどについて、理解しやすい言葉や方法で、十分な説明と情報を受ける権利があります。
  3. 十分な説明と情報提供を受けたうえで、治療方法などをご自分の意思で同意・選択(セカンドオピニオン含む)・拒否する権利があります。
  4. 診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られ、プライバシーは十分配慮される権利があります。
  5. 適切な医療を受けるためには、医師をはじめとする医療従事者に、ご自身の健康に関する情報をできるだけ正確に提供する義務があります。
  6. 全ての患者さまが適切な医療を受けられるようにするため、他の患者さまの治療や病院職員による医療提供に支障を与えないよう配慮する義務があります。

Page Top