医療関係者の方はこちら

お電話でのお問い合わせ03-3399-1101(代表)

> 診療科 > 心臓血管外科

心臓血管外科

> 診療科 > 心臓血管外科

当科の特徴

心臓疾患や血管に対して外科的治療を専門に行う診療科で、心臓のバイパス手術や弁膜症の手術、大動脈瘤手術や末梢血管の手術などを行っています。また、 2008年に当科と同時に設立された「心臓血管センター」では、循環器内科と連携した総合的な治療体制を実現しています。
着実に積み重ねてきた実績の中で、人工心臓・心臓移植以外の、ほとんどの心臓血管疾患について当センターで治療することが可能となりました。
当センターの循環器内科で検査を受けて手術が必要と診断された方はもちろん、他の医療機関で心臓や大動脈の手術をすすめられた方や緊急手術が必要な方も積極的に受け入れて心臓血管病治療における地域中核センターの役割を担っています。

東京都急性大動脈スーパーネットワークの緊急大動脈重点病院として

当院は、心血管疾患の患者さんを速やかに高度専門病院に搬送するための東京都CCUネットワークの加盟病院です。
2011年には、東京都急性大動脈スーパーネットワークの緊急大動脈重点病院に指定され、急性大動脈解離の患者さんの緊急手術・入院の受け入れを行っています。この重点病院は都内で13施設しかなく、当科は地域の急性大動脈疾患の患者さんを一人でも多く救えるよう、 24時間365日の受け入れ体制を整えています。

当科の注力疾患

特徴ある医療

自己心膜を利用した大動脈弁再建術(AVneo)

当科では大動脈弁膜症の患者さんに対して自己心膜組織を用いた弁再建術を行っています。


大動脈弁は3枚からなり、この弁に不具合があると、心臓に大きな負担がかかってきます。
「自己心膜による大動脈弁再建術」は、病気の弁を切除し、自分の心膜から作った弁で新たに形成する手術です。

この方法は病気で悪くなった大動脈弁を切除し、代わりに心膜という心臓を包んでいる薄い膜を利用して元の形どおりの新しい弁を作り直すという画期的な方法です。
この手術の最大のメリットは人工弁を使わず自分の体の組織だけを利用して行うので

  • 術後の異物反応が起こらず、またその反応を押さえるための強い薬を飲む必要がない
  • 人工弁を移植する方法に比べると弁口面積(血流の通り路)を大きくすることができる
  • 感染に強い、経済的である、弁の開閉音が静か

など多くのメリットがあり、現在当センターでの大動脈弁膜症の手術はすべてこの方法で行っています。大動脈弁疾患でお悩みの方はぜひ一度ご相談下さい。

自己の心膜による弁再建術の流れ


  1. ①まず病気の弁を切除します

  2. ②弁のサイズを測ります

  3. ③切除しておいた患者さんの心膜から弁を3枚作成します

  4. ④薬液による固定処理をします

  5. ⑤弁を1枚ずつ縫い付けます

  6. ⑥1枚目が付いたところです

  7. ⑦3枚すべての弁が再建されました

  8. ⑧大動脈を閉じたところです

澤部長に聞く!
自己心膜を利用した大動脈弁再建術

心臓血管外科部長
心臓血管センター長
澤 重治

医師紹介

心臓血管外科

心臓血管外科部長
心臓血管センター長

澤 重治

Sawa Shigeharu

入職
2008年
主な専門分野
成人心臓外科・弁膜症外科・冠動脈外科
認定資格・所属等Qualification / Affiliation
  • 医学博士
  • 慶應義塾大学心臓血管外科非常勤講師
  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本胸部外科学会専門医・指導医
  • 心臓血管外科専門医
経歴History
1983年 金沢大学医学部 卒業
1987年 金沢大学医学部附属病院第一外科
1990年 富山赤十字病院心臓血管呼吸器外科
1993年 横浜栄共済病院胸部心臓血管外科

インタビューInterview

心臓血管外科センター開設の経緯を教えていただけますか。

平成20年の4月に、それまで循環器科すらなかった病院に、心臓の内科、外科を合わせた治療の一大センターを造ろうと、そのセンターを成長発展させて地域のみならず、東京都内、全国に名の知られたセンターにしたいというみんなの夢を担って2008年に心臓血管センターを立ち上げる事になりました。 全くゼロからの土台造りからのスタートでした。心臓外科にずっと携わってきましたが、何もない所から心臓のセンターを造る、立ち上げるというのは実は夢だったんです。
(心臓血管センターのご紹介はコチラ

当時の荻窪病院を取り巻く状況はどのようなものでしたか。

昔は心臓が悪いと言われたら荻窪を飛ばして新宿方面行ったりするのが当たり前でした。それを何とか覆したいと考えました。地元の方が、杉並区内できちんと心臓の治療が受けられるように、それがこの地域の常識になるように頑張らなければいけないなと思って今までやってきました。

地域に定着してきたかなという手応えはいつ頃からありましたか。

3年経ってからくらいでしょうか。3年経つまでは、何があっても驚かないぞという覚悟でやってきました。4年目に入ると、症例数も手術成績もある程度安定してきましたし、それと並行するように、内科のカテーテルなどの治療成績も安定してきました。

それでは心臓血管外科について詳しくお聞かせいただけますか。

まずは循環器内科で詳しい検査をします。手術が必要な時に、心臓血管外科に改めて紹介されます。心臓血管外科では、お子さん以外の成人の方の心臓血管外科の手術を行っています。心臓血管外科の3本柱というのは、1つは弁膜症、2つ目は狭心症心筋梗塞、3つ目が大動脈疾患で、あとは末梢動脈などの疾患になります。この3本柱をどれだけ治療するかというのが我々の仕事のメインです。

特徴として挙げられている自己心膜を用いた大動脈弁形成術について教えていただけますか。

これは、自己心膜という自分の組織を使い、自分の体の組織だけで弁膜症を治すという治療です。人工弁は使いません。人工弁を使わない1番のメリットは人工物との強い反応を抑える薬が必要ないという事です。 体は人工物を排除しようとしますから、その排除の反応を抑える為にとても強い薬が必要なんです。特に年配の方はそういった薬で副作用が出やすいですし、若い女性はそういう強い薬を飲んでいると妊娠、出産出来ない訳ですから、僕は、この治療法は副作用が全くない画期的な治療だと思っています。

他の手術と較べて負担や手術時間は変わりあるのでしょうか。

人工弁で治す手術に比べると技術的に難しいので若干長いですが、プラス1時間位ですから人工弁が3時間少しだとしたら4時間くらいで終わります。ですから、手術が長引く事による患者さんの負担はそれほど増えないと思いますし、何よりも術後のメリットが人工弁に比べると素晴らしいです。回復も早いです。60歳前後の方だと術後1週間過ぎたら退院できるかなというぐらいの感じです。80歳の方でも2週間ほどで退院されます。

その後の通院などはどのような感じでしょうか。

基本的にこの治療法では、薬をもらう必要がないので、ある程度時期が過ぎれば定期的な通院はしなくても大丈夫です。年に1回、心エコーの検査などで来ていただく程度です。 そういう点でも、人工弁とは全く違います。

日々どのようなことに注意しながら診療されているのでしょうか。

私達の仕事は手術ですので、完璧な手術を目指しています。 プロフェッショナルな仕事として、術後何か処置をしなくても、自然に患者さんが元気になって退院していくという手術が1番良い手術だと、それを常に意識しています。もちろんそれが短期間で済めば1番良いので、常に手術のクオリティをより良くしようという向上心を持ってやっています。 手術以外の臨床に関しては、手術を受けて頂く患者さんの信頼を勝ち取るのがまず1番大事だと考えています。この先生に命を預けようと思って頂くわけですから、信頼して頂けるように言葉を選んだり、話し方を考えたり、同じ事を家族と話す時にも、考えたりしながら話しています。これは当たり前、常識的な事です。

このページをご覧いただいている方にメッセージをお願いします!

荻窪病院は東京都のスーパー大動脈ネットワークの重点病院です。 この規模での重点病院は当院だけです。大動脈解離や、瘤の破裂などは当院に運ばれたらきちんと手術出来ますという事をぜひ地域の皆さんにも知っておいていただければと思います。この地域で“心臓に何かあったら荻窪病院”と思って頂けるようになったら、このセンターを立ち上げたプロジェクトは成功だと思っています。

「心膜」は切り取られても、その後の身体に問題はないのでしょうか?
ありません。切り取られた箇所には代用心膜(ゴアテックス)を縫い付けます。
大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、どちらでも手術できますか?
できます。数としては狭窄症の方のほうが多く、また手術の効果を高く感じられます。
「自己心膜」で弁を再建できるのは大動脈弁のみですか?
現在のところは、大動脈弁のみです。
この手術に向いていない人は、どういう人ですか?
手術に耐える体力がある方ならどなたでも可能です。
以前に心臓の手術をし、自己心膜を使用できない方には、動物(ウシ)の心膜を用いることも可能です。
入院期間はどのくらいですか?
おおむね2~4週間になります。
先生の「自己心膜を利用した大動脈弁再建術」の手術数と手術成功率(or手術死亡率)を教えてください。
2018年3月現在で、手術数は157例。成功率は100%(人工弁への変更は0例)です。

公的数字(DPC)からみる実績*1

*1 DPCを用いて、2015年度の疾患別・入院患者数と、5キロ圏内病院の月平均入院患者数をグラフ化しています。
DPCとは、Diagnosis Procedure Combinationの略称で、「診断群分類」とも呼ばれます。
診断された病名と治療内容から14桁の数字にコード化された日本独自の分類データで、入院患者さんの医療費請求や、医療の質向上のための研究データとして用いられています。2016年10月より、各医療施設で「病院情報の公表」等の名称で発表されている実績も、このDPCデータを用いています。
ここではわかりやすく、DPCデータ(6桁)を用いて、当院のその年度の入院患者数を示しました。またグラフは、当院を中心にした5キロ圏内の病院*2の月平均入院患者数を示しています。
●分析ソフト:病院経営情報分析システム セコムSMASH
*2 その疾患を10ヵ月10症例以上治療しているデータ提出加算届出病院

●弁膜症:57人

5km圏内・病院別の患者数(月平均入院数)

●解離性大動脈瘤:53人

5km圏内・病院別の患者数(月平均入院数)

心臓血管外科 メール相談

以下の様な方々からのご相談に、心臓血管外科部長の澤医師が中心となってお答えしています。

  • 最近、心臓に不調を感じている方
  • 心臓や血管の治療・手術をした方が良いと言われている方

<心臓血管センターサイトへ遷移します>

Page Top