医療関係者の方はこちら

お電話でのお問い合わせ03-3399-1101(代表)

> 診療科 > 皮膚科

皮膚科

> 診療科 > 皮膚科

当科の特徴

皮膚に生じる症状全てを拝見します。皮膚の痒み、痛み、しびれ、ブツブツ、しこりなど、皮膚に何かしらの症状が生じた際にはいつでもご相談ください。
一般的な湿疹・皮膚炎、蕁麻疹、薬疹などから、血管炎、水疱症・膿疱症、角化症、色素異常、代謝異常、良性・悪性皮膚腫瘍、感染症など、様々な疾患を扱います。特に治りにくい皮疹で治療に抵抗性の方は必要な精査を行い、原因特定に努め、治療方針を決定します。ほくろを含めた皮膚腫瘍の良性悪性の診断や手術も積極的に行っています。
「皮膚は内臓の鏡」とも言われており、皮膚病から他の内臓疾患、悪性腫瘍、感染症などが見つかることも多く、皮膚科医がまずは皮疹を診て、皮膚科的な疾患か否かを判断し、適切な科へ紹介するという大事な役割を担っています。必要に応じ、他科、他施設とも連携を取り合いながら診療します。
当科の注力疾患
  • 難治性湿疹・皮膚炎、痒疹
  • アトピー性皮膚炎・アレルギー性皮膚炎
  • 皮膚腫瘍(良性、悪性)
  • 類天疱瘡、天疱瘡など自己免疫性水疱症
  • 膠原病、ベーチェット病
  • 帯状疱疹、蜂窩織炎、丹毒
  • 乾癬、類乾癬
  • ※基本、美容皮膚科は行っておりません

難治性の湿疹、痒疹を徹底して精査します

当院では難治性の湿疹、痒疹に対し、治療のみならず精査、原因特定を行うことを重視しています。治療はどの施設でも大きく変わらないのですが、大切なのは病態を把握し、可能なものは原因を特定し、それらを生活の中から除去することです。それが治療の早道だと思っています。
難治性の皮疹の方がいらしたら、詳細な問診をとり、必要に応じ採血、パッチテスト、生検などを行い、原因を調べていきます。全身精査を行い、内臓に炎症や腫瘍が隠れてないかを調べることもあります。原因が特定できない場合、主治医の許可の元、内服薬をすべて中止、変更していただくこともあります。難治性の方には紫外線療法、ステロイドや免疫抑制剤の全身投与も検討します。

パッチテスト

良性の皮膚腫瘍、皮膚癌を拡大鏡で診察し、治療法を決定します

ほくろ、腫瘍などの精査、治療を積極的に行っています。ほくろや腫瘍には良性と悪性のものがあり、肉眼では診断がつかないことが多々あります。
当院ではまず肉眼である程度の診断を行い、次にダーモスコピーという拡大鏡を使用し所見を確認します。さらに、必要に応じ皮膚生検を行い、治療方針を検討します。良性のほくろや腫瘍の場合、患者さんの環境、状況に応じ、選択肢をご説明したうえで治療方針を決定します。種類にもよりますが、経過観察、液体窒素療法もしくは切除となります。
悪性の場合は切除が基本ですが、患者さんの病状、状態によっては切除が難しいこともあり、特殊な外用療法で治療することを検討します。当院では皮膚がんを切除し、大きさによっては皮弁形成術や、植皮術を行いますが、分層植皮でも、大きな局面状の傷痕を残さないような採皮法を行っております。

ダーモスコピー3種

乾癬・アトピー性皮膚炎治療などに:紫外線治療器を導入

ナローバンドUVBは紫外線の領域に含まれる非常に幅の狭い波長(311±2nm)の紫外線で、この波長が様々な皮膚疾患に有効であることが明らかとなっています。これを活かした医療機器が、この紫外線治療器「デルマレイ-400」です。
全身に皮疹を認めるアトピーや乾癬・類乾癬の方を治療できる一方で、限局した狭い範囲にのみ紫外線を照射することもでき、お子さんや妊娠中の方の治療にも使用できる利点があります。
この医療機器でできる治療はア卜ピー性皮膚炎・乾癬・類乾癬・白斑・円形脱毛症などの疾患です。
1回の照射時間は3〜8分。横になっているだけで全身を照射することができます。また、この機器では、紫外線に対するアレルギーを調べることも可能です。もちろん、保険適応の医療機器です。平日の午後予約制で、定期的な通院は必要ですが、安全性が高く、優れた効果が期待できます。

紫外線治療器デルマレイ-400

公的数字(DPC)からみる実績*1

*1 DPCを用いて、疾患別・入院患者数と、5キロ圏内病院の月平均入院患者数をグラフ化しています。
DPCとは、Diagnosis Procedure Combinationの略称で、「診断群分類」とも呼ばれます。
診断された病名と治療内容から14桁の数字にコード化された日本独自の分類データで、入院患者さんの医療費請求や、医療の質向上のための研究データとして用いられています。2016年10月より、各医療施設で「病院情報の公表」等の名称で発表されている実績も、このDPCデータを用いています。
ここではわかりやすく、DPCデータ(6桁)を用いて、当院のその年度の入院患者数を示しました。またグラフは、当院を中心にした5キロ圏内の病院*2の月平均入院患者数を示しています。
●分析ソフト:病院経営情報分析システム セコムSMASH
*2 その疾患を10ヵ月10症例以上治療しているデータ提出加算届出病院

2015年度【皮膚疾患全般】358人
下表は皮膚科で入院した患者さんの1ヵ月の平均数になります。
「帯状疱疹」「蜂窩織炎(蜂巣炎)」の患者さんが多く、全体の約半数になります。
これらの疾患は、通院でも治療は可能ですが、当院では悪化を防ぐため早期入院での点滴加療をすすめています。

5km圏内・病院別の患者数(月平均入院数)

2015年度【皮膚の良性新生物】65人
皮膚の良性の腫瘍を摘出する手術を行っています。平均在院日数は2.6日と短期の入院になります。

5km圏内・病院別の患者数(月平均入院数)

2015年度【急性膿皮症】57人
細菌感染により、膿を伴った強い炎症を起こす急性膿皮症は、適切な治療を行わないと再発しやすい疾患です。当院では入院管理の元、治療を行います。

5km圏内・病院別の患者数(月平均入院数)

2015年度【薬疹、中毒疹】21人
原因不明の皮疹は重症の場合、入院の上、原因の特定・治療を行います。

5km圏内・病院別の患者数(月平均入院数)

より詳しい実績は医療関係者向けサイトをご覧ください。

Page Top