受診される患者さんはこちら

お電話でのお問い合わせ03-3399-1101(代表)

先輩メッセージ

渡辺 嘉彦

平成28年 名古屋市立大学 卒業

荻窪病院は大きな病院ではありませんので、科ごとやコメディカルとの垣根が低いです。 自分がローテートしている科とは違う科の先生がいろいろと教えて下さったり、コメディカルの方がお手伝いをして下さったりと自由度の高い研修をすることができます。
よりアットホームな市中病院で研修をしたいと考えている方にはぜひお勧めです。

岩切 琢磨

平成28年 熊本大学 卒業

私はここを研修先に選んで本当に良かったと感じています。
一番の魅力はやはり雰囲気の良さです。ローテートしている診療科の先生はもちろんそれ以外の先生も熱心に指導してくれていますし、コメディカルスタッフや事務職員の方も気軽に話しかけてくださいます。病院全体で研修医を育てていこうという雰囲気に満ち溢れています。
ぜひ一度見学に来て自分の目で確かめて下さい。お待ちしております。

柴田 裕貴

平成27年 千葉大学 卒業

当院の研修医は比較的少人数で、一人当たりの担当症例・手技が多いのが特徴です。また、自由選択期間が12ヵ月あり、入職前に志望科を決めていなくても、研修を行っていく中である程度方針が決まってから2年目のローテートを組むことはできるのも、魅力の一つだと思います。
医局には全診療科の先生方が分け隔てなくいらっしゃり、とてもアットホームな環境です。診療科や経験年数に関係なく、様々な先生方と接することができるのが良いところです。
他職種の方々もフレンドリーで、看護師さんに静脈ラインをとるコツを教えていただいたり、検査技師さんと一緒にエコーを当てさせていただいたりと、上級医のみならず全職種の方々から手厚くサポートいただいております。
まずは、見学にいらして、当院の雰囲気を感じてみてください。お待ちしております。

安藤 聖恵

平成26年 筑波大学 卒業

私が初期臨床研修先に荻窪病院を選んだ理由は大きく分けて2つあります。 1つ目はcommon diseaseをしっかりと診断し、治療を行うことが出来るようになりたいと考えたからです。後期研修からは専門分野を集中的に勉強することになると考え、その前の準備段階である初期研修の間に一通りの疾患は見ておきたいと思いました。その際に大学病院はどうしても稀な疾患やその病院の得意な疾患に偏ってしまうと考え、市中病院での研修を考えました。

2つ目の理由は荻窪病院での研修では2年次の研修を自由に組むことが出来る、とういう点です。当院では1年目に一般内科、消化器内科、循環器内科、外科、救急科、麻酔科にて基礎力を身につけ、2年次には11カ月という長い選択期間の中で自分の考えに沿って研修を組むことが可能です。私は将来の進む専門の科を決めてなかったので実際に初期研修を行い、その後2年次の研修内容を自分の希望に沿って決定することが出来る点は非常に魅力的でありました。

実際に病院で初期研修医として働き始めて、研修医の人数は2年次も含めて4人と少人数でありますが、その分お互いに協力し、助け合いながら学ぶことが出来ます。また医局の雰囲気も非常にアットホームで、上級医の先生方との垣根も低く、経験豊富な先生に直接指導して頂き、医局に全ての科の先生方がいらっしゃいますので、分からない点があった場合などは診療科をまたいでも気軽に質問することが出来ます。
また荻窪病院では看護師さんをはじめとしたコメディカルの人たちとの合同研修などの機会が多く設けられており、コメディカルの人たちとも仲良くなることが出来ます。学生時代にはなかなか実感することが出来なかった点ですが、実際に臨床現場に立ってみて、円滑で安全な医療を患者さんに提供するためにはチーム医療が不可欠です。点滴ラインの入れ方のコツなど臨床に即した手技のポイントを看護師さんに指導して頂いたことは数知れません。
また人数が少ないからこそ、自分も病院の一員であるという自覚をしっかりともち、積極的に患者さん1人1人に向き合い、診察、治療に取り組もうという姿勢になります。

初期研修先で悩んでいる方、是非一度荻窪病院に見学に来てください。 みなさんと一緒に学んでいけることを楽しみにしています。

鮫島 健太

平成26年 鹿児島大学 卒業

将来整形外科を志望している私が研修病院を選んだ基準は、まずもちろん整形外科が盛んであること。また、いわゆるcommon diseaseに数多く触れることができることでした。  そんな私にとって荻窪病院はとても魅力的であり、ここで研修できて良かったと感じています。まだ勤務して数ヶ月ですが、私が実際に感じた当院の研修の良い点をいくつか以下に挙げていこうと思います。

まず一つ目、研修が個人の希望に沿ってフレキシブルに進められること。私はまだ整形外科をローテートしていませんが、救急外来やオペ室で整形疾患が扱われている際に、自分から進めば整形の先生方に教えていただきます。また研修プログラムは自由度が非常に高く、場合によっては直前の変更も可能です。病院全体で研修医のやりたいことに対して応援して下さる雰囲気や態勢があります。

二つ目、common diseaseに第一線で触れられること。スーパーローテート制度の意義である自分の専門に偏らず幅広い疾患に対応できるようになるには、地域に根差した市中病院である当院は非常に良い環境ではないかと思います。 救急外来や入院時はまず研修医が自分で診察・検査・治療まで考え、上級医の先生方の指導を受けることができます。自分がやらなきゃならないという状況はただ単に上級医の支持通り動くのとは学べる量が決定的に違います。少人数ですから手技の経験数に関しては言わずもがなです。

三つ目、温かい雰囲気があること。当院は大規模でないためもちろん診療科の垣根などなく、とてもアットホームであり、研修医に対して温かな目に見守って下さいます。毎日失敗の連続ですが、体調を気遣ってくださったり、時には飲みに誘ってくださったりととても助けられています。

当院は臨床研修における強みがはっきりしている病院だと思います。今このホームページを見て研修先を迷っている皆さん是非一度見学にいらしてください。包み隠さずなんでもお話しておりますよ。お待ちしています。

Page Top