医療関係者の方はこちら

お電話でのお問い合わせ03-3399-1101(代表)

> 診療科 > 麻酔科

麻酔科

> 診療科 > 麻酔科

当科の特徴

麻酔科は、患者さんが安全にかつ快適に手術を受けていただくために、常に患者さんのそばにいて、循環・呼吸、麻酔状態をモニターし、安全に手術が行われるように麻酔を行います。手術前には<術前外来><術前訪問>を行い、患者さんの全身状態を十分に把握してから、手術に臨みます。
痛みの治療である<ペイン外来>も行っています。痛みのことでお悩みをお持ちの方は、当院の主治医、もしくはかかりつけの先生にご相談なさってみてください。
なお当院は麻酔学会の認定病院です。また地域医療を担う急性期病院として緊急手術にも多く対応しています。

手術患者さんと麻酔科医師の関わり

手術の際の麻酔は大きく分けると以下の3つになります。

  • 局部麻酔ー手術をする一部分のみにかかる麻酔。外来での手術で行われます
  • 腰椎(or脊椎)麻酔ー下半身に麻酔がかかり、意識は保たれています
  • 全身麻酔ー意識は完全に失い、全身に麻酔がかかります


手術を受ける患者さんの全身状態を把握し、適切な麻酔法を選択します。そして患者さんの不安を軽減するため十分に説明を行います。入院前に事前に麻酔の説明を聞きたい方は主治医にご相談ください。<術前外来>でくわしくお話しをいたします。

手術中は、麻酔学会の指針に従い、循環・呼吸、麻酔状態をモニターし、安全に手術が行われるように麻酔を行います。

手術後は病棟に訪問し、術後診察を行います。鎮痛状態の把握や術後合併症の早期発見に努めています。
手術前後の周術期すべてにおいて患者さまの全身状態を良好に維持するために細心の注意を払って診療を行っています。

Page Top