ホーム > 診療科紹介 > リハビリテーション科

診療科紹介

リハビリテーション科

治療方針
スタッフ紹介

リハビリ室

診療方針

理念
温かい雰囲気で、安心で信頼できるリハビリテーション医療を提供します。 地域の患者様に最良のリハビリテーションを提供します。

基本方針
(1)2次救急病院のリハビリテーション科として、発症早期の段階から早期リハビリテーションを開始し、日常生活動作の向上・早期退院及び社会復帰を目指します。 (2)患者様の在宅生活に即した外来リハビリテーションを提供していきます。また、患者様を取り巻く環境にも配慮し、ご家族やヘルパーの方に適切なアドバイスをしていきます。

診療体制

リハビリテーション科部長 非常勤医師2名 理学療法士14名 作業療法士4名 言語聴覚士2名 助手1名体制でリハビリテーションを提供しております。 入院患者様は日曜日を除き(祝日は実施)実施しております。なお、患者様の状態によっては午前・午後に分けて実施し、早期離床・ADL(日常生活活動)獲得を目的に行っております。 外来患者様は診療報酬の規定範囲内で実施しております。 外来専属のスタッフを配置し可能な限り患者様の都合に合わせて、予約制にて提供しております。

施設基準

運動器疾患リハビリテーション【T】
呼吸器疾患リハビリテーション【T】
脳血管疾患リハビリテーション【U】
心大血管疾患リハビリテーション【T】
がん患者リハビリテーション

リハビリテーション科の取り組み

理学療法部門

整形外科チーム・心臓リハビリテーションチーム・内科外科チーム・外来チーム・血友病チームに分かれて行っております。術後、入院早期から機能訓練・離床を開始し、退院へ向けて医師、 看護師、MSWとカンファレンスを行い情報共有し退院へ向けサポートしています。退院前訪問指導を行い患者様、ご家族、ケアマネージャーと自宅の環境調整や動作指導も行っています。

作業療法部門

整形外科疾患では手の外科疾患を中心に上肢疾患に対して術前および術後早期に介入し、リハビリテーションを提供しております。  特に手の外科の術後のハンドセラピーに力を入れておりますが、大腿骨頚部骨折においても術後早期より介入しADL向上に努めています。  そのほか、内科や外科術後、循環器内科、心臓血管外科術後の患者様に対して、日常生活動作練習・指導、あるいはご家族への指導や助言なども行い、円滑な退院や社会復帰を目指しています。

言語聴覚部門

高齢になると自分の歯が無くなったり唾液が減少することで、食べ物が飲み込みにくい、むせてしまう(嚥下障害)というお悩みに対して評価、訓練、助言を行っております。入院患者様のみの対応とさせていただいております。

リハビリテーションを目的とする入院(転院)・外来診察について

当院は急性期医療を担う病院であり、回復期リハビリテーションを提供できる施設を有しておりません。残念ながらリハビリテーションを目的とした入院は原則お受けできません。 また、外来診察は現在行っておりません。

診療科紹介

診療予定表

アクセス
交通案内

病院案内