医療関係者の方はこちら

お電話でのお問い合わせ03-3399-1101(代表)

> 診療科 > 下肢救済・フットケアセンター > 診療予定表|下肢救済・フットケアセンター

診療予定表|下肢救済・フットケアセンター

> 診療科 > 下肢救済・フットケアセンター > 診療予定表|下肢救済・フットケアセンター

休診のお知らせ

※下記以外にも突発的な事情により休診になることがありますので、ご了承ください。

  • 現在、休診の医師のお知らせはありません。

診療予定表

■診療受付時間
午前8:00~11:30(診療開始9:00)
午後12:00~15:00(診療開始13:30)

※土曜日は午前のみの診療、日曜・祝日は休診となります
※初めて受診する方、紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方は、必ず外来受診のご案内をご覧の上、お越しください。

午前 午後(要予約)
   
関 広幸

医師紹介

下肢救済・フットケアセンター

医員

関 広幸

Seki Hiroyuki

入職
2021年
主な専門分野
足の外科・整形外科一般
認定資格・所属等Qualification / Affiliation
  • 医学博士
  • 日本整形外科学会整形外科専門医
  • 日本整形外科学会
  • 日本足の外科学会 評議員
  • 日本靴医学会
  • JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)
  • 関東整形災害外科学会
  • 日本臨床バイオメカニクス学会
経歴History
2007年 慶應義塾大学 医学部医学科 卒業
2007年 神奈川厚生連伊勢原協同病院 初期臨床研修医
2009年 慶應義塾大学医学部整形外科学教室(専修医)
2009年 国立病院機構栃木病院 整形外科 医員
2011年 至誠会第二病院 整形外科 医員
2012年 さいたま市立病院 整形外科 医員
2013年 日野市立病院 整形外科 医員
2014年 慶應義塾大学病院 整形外科 助教
2015年 国際医療福祉大学三田病院 整形外科 医員
2017年 国際医療福祉大学医学部整形外科学 助教
2020年 国際医療福祉大学三田病院 整形外科 病院講師
メディア実績・著書Media / Book
  • 『整形外科レビュー2021-22』Ⅲ章下肢 9足関節・足 9-3. 外反母趾 総合医学社
  • 『Monthly Book Medical Rehabilitation 足のリハビリテーション診療パーフェクトガイド』靴選びのポイントー靴の構造と機能ー 全日本病院出版会
  • 『外反母趾 病態を理解し、正しい治療選択ができる』partⅢ 治療 外反母趾低侵襲手術 MEDICAL VIEW
  • 『OS NEXUS 19 足・足関節の最新の手術』外反母趾に対する小侵襲手術(DLMO法) MEDICAL VIEW
  • 『ここが大事!下肢変形性関節症の外来診療』第4章変形性足関節症の外来診療、2保存療法⑤装具療法 南江堂
  • 『整形外科サージカルテクニック、外反母趾の手術スペシャリストの技と知恵を学ぶ』外反母趾に対するDLMO法 メディカ出版
  • 『整形外科(特集)四肢関節の骨切り術』外反母趾に対するdistal liner metatarsal osteotomy 南江堂

メッセージMessage

足首から足の指先までの診断と治療を行う“足の外科”を専門としております。“足の外科”で扱う疾患は、外反母趾・変形性足関節症・扁平足・関節リウマチなどの病気に加え、捻挫後の遺残性疼痛・スポーツ障害・骨折・糖尿病による足変形など、多岐に渡ります。十分な診察と検査によって正確な診断をし、それぞれの患者さんに応じた適切な治療を提供したいと思っております。“足”でお悩みの方、当院地域連携室にご相談ください。


(第1,3)
  小金井 博士

医師紹介

下肢救済・フットケアセンター

下肢救済・フットケアセンター長
循環器内科医長

小金井 博士

Koganei Hiroshi

入職
2011年
主な専門分野
冠動脈疾患、末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症など)
冠動脈・末梢血管カテーテル治療
認定資格・所属等Qualification / Affiliation
  • 医学博士
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会専門医
経歴History
1994年 東京医科大学医学部 卒業
1994年 東京女子医科大学病院
1996年 聖隷浜松病院
2001年 東京女子医科大学病院
2003年 東京都立府中病院(現 多摩総合医療センター)
2008年 NTT東日本関東病院

メッセージMessage

患者様・開業医の先生方がご利用しやすい敷居の低さと素早い対応、地元で受けられる専門性の高い医療。これらを両立させるため、日々努力しています。


(第2,4,5)
   
   
   
   

Page Top