ホーム > 診療科紹介 > 皮膚科

診療科紹介

皮膚科

治療方針
スタッフ紹介
治療実績

診療方針

皮膚病から他の内臓疾患が見つかることもあり、他科との連携を取りながら診療しています。 患者さんへの説明はなるべく分かりやすい言葉を用い、納得して頂けるよう心がけています。

  紫外線治療機 デルマレイ-400 導入しました!(2014.10.22)

皮膚科の取り組み(治療に関して)

アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、接触皮膚炎(かぶれ)などのアレルギー性疾患
外用、内服療法の他、原因検索や生活指導にも重点をおいています。 特にアトピー性皮膚炎ではステロイド、免疫抑制剤等の外用法を指導します。また、紫外線治療機を利用した治療も可能です。
爪水虫
外用療法だけでは治りにくいため、内服療法を積極的に行っています。
ニキビ
抗生剤、ビタミン剤、漢方の内服、外用療法の他、化粧品の指導やケミカルピーリングも行っています。
くすみ、小じわ、シミ
くすみ、小じわ、シミに対してもケミカルピーリングやビタミンC・ヒアルロン酸入り化粧水、ハイドロキノン軟膏(美白剤)の処方を行っております(自費)。
尋常性疣贅(イボ)
液体窒素療法の他、痛みの少ないモノクロロ酢酸による治療も行っており、また自宅で併用できる外用療法も選択肢の一つです。
ホクロ・腫瘍
心配なホクロや腫瘍に対しては、ダーモスコピーという拡大鏡を用いて性質の確認を行います。
乾癬・掌蹠膿疱症
外用療法の他、ビタミンA代謝産物や免疫抑制剤の内服を必要とすることがあり、その他、光線療法を併用することもあります。

皮膚科の取り組み(予約外来)

パッチテスト
難治性の湿疹、かぶれの方は身近に原因が潜んでいる事が多く、これらを特定して原因除去をしない限り改善しないこともあります。パッチテストを行うことで、金属、化粧品、家庭工業品、薬剤等に対するアレルギーを精査できます。
皮膚生検
皮膚腫瘍において良性か悪性かの判断が必要な場合、病理組織検査を行います。また、難治性の皮膚疾患においても生検を行う事で、より多くの情報を得ることができます。
外来小手術
ホクロや皮膚腫瘍の手術を局所麻酔で行います。安静を要する手術では短期入院手術を行っています。
光線療法
尋常性白斑、乾癬、掌蹠膿疱症、菌状息肉症、結節性痒疹などが対象です。
ケミカルピーリング
主としてニキビを対象に行います。その他シミ、くすみ、小じわに対しanti-aging(抗老化)を目的に行っております。ピーリング後、当院で調剤しているビタミンC・ヒアルロン酸入り化粧水やハイドロキノン軟膏を併用しますと、より効果的です。レーザーは怖いけれど、簡単に出来る治療法には興味があるという方、気軽にご相談下さい。

フットケア外来

現在の日本では、高齢者の増加、食生活の欧米化とともに、動脈硬化や糖尿病の患者様は増加の一途を辿っています。動脈硬化による血流障害や、糖尿病があると、足の創傷は難治性となり、ひどい場合は壊死に陥り切断が必要となることもあります
このたび当院では、重症虚血肢(CLI)や糖尿病足病変(DM foot)の患者様を対象に、整形外科、循環器内科、皮膚科など複数科の専門医師が協力して診療に当たり、局所処置のみならず基礎疾患を含めて早期より治療を行うことにより切断を予防する、すでに壊疽に陥ってしまった重症の患者様においては極力切断範囲を小さくすることを目指して“フットケア・下肢救済センター”を開設致しました。

診療科紹介

診療予定表

アクセス
交通案内

病院案内