受診される患者さんはこちら

お電話でのお問い合わせ03-3399-1101(代表)

> 医療関係者向け トップページ > 診療科 > 下肢救済・フットケアセンター

下肢救済・フットケアセンター

> 医療関係者向け トップページ > 診療科 > 下肢救済・フットケアセンター

下肢救済・フットケアセンターからのお知らせ

2019年03月27日 第32回 荻窪循環器カンファレンスを3月27日(水)に行いました

診療体制

チームによる総合的な医療を提供

当院の下肢救済・フットケアセンターは、閉塞性動脈硬化症や糖尿病を基礎として発症した下肢の潰瘍・壊疽、これにより切断の危機に瀕した病態(包括的高度慢性下肢虚血:chronic limb thereatning ischemia=CLTI)に対し、整形外科(足の外科)・循環器内科・糖尿病内科など複数科の専門医師および皮膚・排泄ケア認定看護師・理学療法士・管理栄養士の専門職がチームで診療にあたっています。

外来診療につきましては、毎週火曜日完全予約制での診療体制をとっておりますので、ご紹介をいただく場合は、予約のお電話をいただけますようお願いいたします。

また、当センターでは、急性下肢動脈閉塞症に対し、血管外科と循環器内科が協力して血行再建にあたる“ハイブリッド治療”にも力を入れています。治療が遅れると下肢切断が必要となる、緊急性の高い疾患ですので、お電話を頂ければ速やかに対応いたします。

  • ご予約
    8:30~18:30※土曜は12:00まで

    地域連携室 直通番号

    03-3399-0257

  • 緊急受診
    担当医師が対応いたします

    病院代表

    03-3399-1101

注力検査・治療

医師紹介

<医師をクリックすると詳しい内容をご覧になれます>

  • 小金井 博士

    Koganei Hiroshi

    下肢救済・フットケアセンター長
    循環器内科医長

    主な専門冠動脈疾患、末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症など)

    医師紹介

    下肢救済・フットケアセンター

    下肢救済・フットケアセンター長
    循環器内科医長

    小金井 博士

    Koganei Hiroshi

    入職
    2011年
    主な専門分野
    冠動脈疾患、末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症など)
    冠動脈・末梢血管カテーテル治療
    認定資格・所属等Qualification / Affiliation
    • 医学博士
    • 日本内科学会認定内科医
    • 日本循環器学会認定循環器専門医
    • 日本心血管インターベンション治療学会専門医
    経歴History
    1994年 東京医科大学医学部 卒業
    1994年 東京女子医科大学病院
    1996年 聖隷浜松病院
    2001年 東京女子医科大学病院
    2003年 東京都立府中病院(現 多摩総合医療センター)
    2008年 NTT東日本関東病院

    メッセージMessage

    患者様・開業医の先生方がご利用しやすい敷居の低さと素早い対応、地元で受けられる専門性の高い医療。これらを両立させるため、日々努力しています。

  • 関 広幸

    Seki Hiroyuki

    医員

    主な専門足の外科・整形外科一般

    医師紹介

    下肢救済・フットケアセンター

    医員

    関 広幸

    Seki Hiroyuki

    入職
    2021年
    主な専門分野
    足の外科・整形外科一般
    認定資格・所属等Qualification / Affiliation
    • 医学博士
    • 日本整形外科学会整形外科専門医
    • 日本整形外科学会
    • 日本足の外科学会 評議員
    • 日本靴医学会
    • JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)
    • 関東整形災害外科学会
    • AOFAS(The American Orthopaedic Foot & Ankle Society)
    経歴History
    2007年 慶應義塾大学 医学部医学科 卒業
    2007年 神奈川厚生連伊勢原協同病院 初期臨床研修医
    2009年 慶應義塾大学医学部整形外科学教室(専修医)
    2009年 国立病院機構栃木病院 整形外科 医員
    2011年 至誠会第二病院 整形外科 医員
    2012年 さいたま市立病院 整形外科 医員
    2013年 日野市立病院 整形外科 医員
    2014年 慶應義塾大学病院 整形外科 助教
    2015年 国際医療福祉大学三田病院 整形外科 医員
    2017年 国際医療福祉大学医学部整形外科学 助教
    2020年 国際医療福祉大学三田病院 整形外科 病院講師
    メディア実績・著書Media / Book
    • 『整形外科レビュー2021-22』Ⅲ章下肢 9足関節・足 9-3. 外反母趾 総合医学社
    • 『Monthly Book Medical Rehabilitation 足のリハビリテーション診療パーフェクトガイド』靴選びのポイントー靴の構造と機能ー 全日本病院出版会
    • 『外反母趾 病態を理解し、正しい治療選択ができる』partⅢ 治療 外反母趾低侵襲手術 MEDICAL VIEW
    • 『OS NEXUS 19 足・足関節の最新の手術』外反母趾に対する小侵襲手術(DLMO法) MEDICAL VIEW
    • 『ここが大事!下肢変形性関節症の外来診療』第4章変形性足関節症の外来診療、2保存療法⑤装具療法 南江堂
    • 『整形外科サージカルテクニック、外反母趾の手術スペシャリストの技と知恵を学ぶ』外反母趾に対するDLMO法 メディカ出版
    • 『整形外科(特集)四肢関節の骨切り術』外反母趾に対するdistal liner metatarsal osteotomy 南江堂

    メッセージMessage

    足首から足の指先までの診断と治療を行う“足の外科”を専門としております。“足の外科”で扱う疾患は、外反母趾・変形性足関節症・扁平足・関節リウマチなどの病気に加え、捻挫後の遺残性疼痛・スポーツ障害・骨折・糖尿病による足変形など、多岐に渡ります。十分な診察と検査によって正確な診断をし、それぞれの患者さんに応じた適切な治療を提供したいと思っております。“足”でお悩みの方、当院地域連携室にご相談ください。

  • 大住 幸司

    Osumi Koji

    医長

    主な専門消化器外科、血管外科

    医師紹介

    下肢救済・フットケアセンター

    医長

    大住 幸司

    Osumi Koji

    入職
    2018年
    主な専門分野
    消化器外科、血管外科
    認定資格・所属等Qualification / Affiliation
    • 医学博士
    • 日本外科学会外科専門医・指導医
    • 日本消化器外科学会消化器外科専門医
    • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
    • 日本内視鏡外科学会技術認定医
    • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    • 日本腹部救急医学会腹部救急認定医
    • 三学会構成心臓血管外科専門医認定機構心臓血管外科専門医・修練指導医
    • 日本脈管学会脈管専門医
    • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による指導医
    • 日本血管外科学会血管内治療認定医
    • 日本医師会認定産業医 取得
    • 腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
    • 胸部大動脈瘤ステントグラフト指導医
    経歴History
    1995年 慶應義塾大学医学部 卒業
    1995年 慶應義塾大学病院 外科研修医
    1996年 佐野厚生総合病院 外科 医員
    1997年 総合太田病院(現:太田記念病院) 外科 医員
    1998年 慶應義塾大学病院 専修医
    2001年 浜松赤十字病院 外科 医員
    2003年 浜松赤十字病院 第一外科 副部長
    2004年 国立病院機構東京医療センター 外科 医員
    2017年 平塚市民病院 血管外科部長、消化器外科主任医長

    メッセージMessage

    一般・消化器外科および末梢血管外科を専門にしています。血管の手術もできる消化器外科医を目指して消化器、血管疾患両方を数多く経験してきました。その経験を生かし、地域の医療に貢献できるよう努力していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

  • 小池 雄太

    Koike Yuta

    医長

    主な専門糖尿病

    医師紹介

    下肢救済・フットケアセンター

    医長

    小池 雄太

    Koike Yuta

    入職
    2017年
    主な専門分野
    糖尿病
    認定資格・所属等Qualification / Affiliation
    • 日本内科学会認定内科医
    • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
    • 日本内分泌学会会員
    • 日本医師会認定産業医
    経歴History
    1999年 大阪医科大学医学部 卒業
    1999年 京都大学医学部附属病院 内科研修医
    2000年 静岡市立静岡病院 内科研修医
    2002年 洛和会音羽病院 代謝内分泌科 医員
    2004年 京都大学医学部附属病院 内分泌・代謝内科 医員
    2005年 海老名総合病院・糖尿病センター 医員
    2008年 JCHO東京鎌田医療センター健康管理センター 医長、内科外来、嘱託産業医
    2016年 啓仁会新宿野村ビルクリニック 内科 院長、嘱託産業医
    2017年 医療法人財団南葛医協 扇橋診療所 副所長、内科、在宅往診

    メッセージMessage

    初めまして。2017年11月より荻窪病院 内科へ入職させていただきました小池 雄太と申します。
    これまで糖尿病をはじめ、生活習慣病の予防・治療を念頭に行って参りました。少子・高齢化が進む一方、疾病は複合的になって参りました。日々の日常臨床において、患者様への細かい問診・診察を行って参りたいと思います。

症例

症例1. 下肢閉塞性動脈硬化症 カテーテル治療

下肢の血行再建による難治性潰瘍の治療を行っています。

診断:末梢動脈疾患(下肢閉塞性動脈硬化症)、左下腿・足部難治性潰瘍

症例:左下腿および足部の潰瘍に対して他院にて治療を受けていたが、改善しないため、当科紹介。左ankle brachial pressure index (ABI) 0.47と低下を認め、末梢動脈疾患による血流障害により、潰瘍が難治性となっている(重症虚血肢)と判断した。血管造影上、左浅大腿動脈~左膝窩動脈遠位部閉塞を認め、血管内治療を行った。血行再建後、ABIは0.87に改善し、潰瘍は治癒傾向を示した。


▲下肢閉塞性動脈硬化症
血管内治療前(左)血管内治療後(右)

症例2. 末梢動脈疾患、左第五趾難治性潰瘍

診断:末梢動脈疾患、左第五趾難治性潰瘍

既往歴:左膝窩動脈瘤→左浅大腿動脈・膝窩動脈バイパス術

経過:左足部安静時疼痛および第五趾難治性潰瘍にて近医より紹介。アンギオにて左膝窩動脈遠位部閉塞を認めたため、血管内治療(バルーン拡張)を行った。2か月後、再び安静時疼痛が出現。アンギオにて左膝窩動脈バイパス閉塞を認めた(図1)。血栓吸引およびバルーン拡張を実施し、再疎通に成功(図2)。2回の血管内治療後、潰瘍は治癒に至った。

糖尿病性足病変 トータルコンタクトキャスト法

重症の血行不全や糖尿病性神経障害を伴う難治性の足部潰瘍病変では、患者さんが歩行したまま通常の創傷管理を行っていては治癒までに長期間を要し治療が困難な場合が少なくありません。当院ではTotal Contact Cast(トータルコンタクトキャスト・TCC)というギプスを用いた治療を行っています。TCCとは、下腿から足部にかけてぴったりと成形されたギプスであり、足底にかかる負荷を軽減させ、傷の部分に圧迫がかからないようにした状態でギプス固定する手法です。患部を保護し固定してやることで創部の早期閉鎖が期待できる方法として海外ではすでに広く行われ、その有用性が報告されています。

シャルコー足は足部に生じる骨、関節破壊性の関節症であり、多くは糖尿病長期罹患患者に発症します。急速に進行する関節破壊とそれに不相応に軽度の疼痛を特徴とし、足部、足関節の不安定性、および足部アーチの扁平化や足首周辺の著明な変形を生じます。
急性期の保存療法として、当院ではTotal Contact Cast (TCC)を行っています。また、進行してしまった変形に対しても潰瘍や感染の発生を予防する目的で手術治療を行っています。


▲Total Contact Cast勉強会の様子

2020年度実績

閉塞性下肢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症・急性下肢動脈閉塞)、および糖尿病性足病変による入院 84例

学会発表・講演

タイトル 筆頭演者 発表年月 発表学会名
講演「下肢浮腫について~深部静脈血栓症の鑑別を中心に~」 小金井 博士 2019.12 練馬区医師会学術部循環器懇話会
糖尿病下肢切断と装具とその限界 早稲田 明生 2019.11 第33回日本靴医学会
講演「中足骨と足趾の骨折」 早稲田 明生 2019.11 第77回JABO研修会
Endoscopic treatment for theperoneal tendon dislocation Akeo Waseda 2019.9 AFJO15thCONGRESS ASSOCIATION FRANCOJAPONAISE D’ORTHOPEDIE
変形性足関節症における遠位脛骨骨切り術に対する外果骨切り術併用の有用性に関する検討 早稲田 明生 2019.9 第44回日本足の外科学会
講演「距骨骨折」 早稲田 明生 2019.9 IBRAセミナー&ワークショップ
講演「足関節果部骨折」 早稲田 明生 2019.8 第12回日本足の外科学会教育研修会
Covered stentにより下腿動脈瘻を閉鎖した一例 小金井 博士 2019.7 第29回末梢血管画像・血管内治療研究会
腓骨筋腱脱臼に対する鏡視下手術の経験 早稲田 明生 2019.6 第11回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS 2019)
足関節骨折~靭帯に着目した治療~ 早稲田 明生 2019.3 第376回葛飾区医師会整形外科集談会
足関節の外傷と変形性足関節症 -捻挫と骨折との関係から治療まで- 早稲田 明生 2018.11 防衛医大整形外科同門会 教育研修講演
(ランチョンセミナー)変形性足関節症に対する治療の試行錯誤 -骨切りとリアラインメントにこだわって- 早稲田 明生 2018.11 第43回日本足の外科学会
(特別講演)足関節外傷の治療-骨折と靭帯損傷について 早稲田 明生 2018.9 第1回山口足の外科研究会
足の手術進入路 早稲田 明生 2018.8 第11回日本足の外科学会研修会
疾患に対する治療の取り組み方-整形外科 足の外科医の立場から- 早稲田 明生 2018.7 第10回日本下肢救済・足病学会
変形性足関節症に対する遠位脛骨骨切り術に関する工夫 早稲田 明生 2017.11 第42回日本足の外科学会
最近の大腿動脈閉塞を有する重症虚血血肢に対し、内膜摘徐術、血栓摘徐術、および膝下動脈に対するEVTを同時に施行した一例 小金井 博士 2017.11 CPAC2017
靭帯損傷に着目した足関節骨折の治療(セミナー講師) 早稲田 明生 2017.9 平成29年度日本骨折治学会研修会
シンポジウム「医師とコメディカルとの連携-フットケア-」 早稲田 明生 2017.9 第31回日本靴医学会
足の手術進入路(講師) 早稲田 明生 2017.8 第10回日本足の外科学会研修会
最近の浅大腿動脈閉塞を有する重症虚血肢に対し、内膜摘除術、血栓摘除術、および膝下動脈に対するEVTを同時に施行した一例 小金井 博士 2017.7 第26回日本心血管インターベンション治療学会
腓骨筋腱脱臼に対する鏡視下手術-解剖学的修復を目指して 早稲田 明生 2017.6 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
アキレス腱延長術の実際(ハンズオンセミナー講師) 早稲田 明生 2017.5 第9回日本下肢救済・足病学会
講師 早稲田 明生 2017.1 Arthrex Cadaver Seminars
労作時息切れと心電図異常にて当科紹介となった2例 小金井 博士 2016.12 練馬区循環器懇話会
浅大腿動脈ステント早期閉塞に対し、catheter-directed thrombolysis を併用したEVTが奏功した一例 小金井 博士 2016.11 第24回末梢血管画像・血管内治療研究会
腓骨筋腱脱臼に対する鏡視下手術-解剖学的修復を目指して 早稲田 明生 2016.11 第17回日仏整形外科学会
足関節骨折の術前単純X線画像から脛腓間の不安定性の予測は可能か? 早稲田 明生 2016.11 第41回日本足の外科学会
両側大腿骨非定型骨折を生じた一例 早稲田 明生 2016.10 第18回日本骨粗鬆症学会
インソールは疲労骨折の発生を予防出来るのか? 早稲田 明生 2016.9 第30回日本靴医学会
奥深い足関節脱臼骨折 Weber-B 早稲田 明生 2016.8 63回JABO(Japanese Association for Biological Osteosynthesis) 研修会
第2回内科医・小児科医のための身体機能評価ワークショップ 講師 早稲田 明生 2016.7 第16回Haemostasis研究会
労作時息切れと心電図異常にて当科紹介となった2例 小金井 博士 2016.5 内科医会臨床検討会

論文・著書

論文・著書 著者 発表年 掲載誌名
Charcot foot の足をケアする靴と装具~糖尿病との関連を中心に~ 竹島憲一郎、他 2019 日本フットケア学会雑誌2019: 17(1); 1-7

Page Top