受診される患者さんはこちら

お電話でのお問い合わせ03-3399-1101(代表)

> 医療関係者向け トップページ > 診療科 > 下肢救済・フットケアセンター

下肢救済・フットケアセンター

> 医療関係者向け トップページ > 診療科 > 下肢救済・フットケアセンター

診療体制

チームによる総合的な医療を提供

当院の下肢救済・フットケアセンターは、動脈硬化による血流障害や糖尿病による足の創傷など、重症虚血肢(critical limb ischemia=CLI)や糖尿病足病変(diabetic foot)の患者さんを対象に治療を行っております。整形外科(足の外科)、循環器内科、皮膚科、糖尿病内科など複数科の専門医師および皮膚・排泄ケア認定看護師、理学療法士、管理栄養士の専門職がチームで診療に当たっています。

外来診療につきましては、毎週火曜日完全予約制での診療体制をとっておりますので、ご紹介をいただく場合は、予約のお電話をいただけますようお願いいたします。

また、当センターでは、急性下肢動脈閉塞症に対し、血管外科と循環器内科が協力して血行再建にあたる“ハイブリッド治療”にも力を入れています。治療が遅れると下肢切断が必要となる、緊急性の高い疾患ですので、お電話を頂ければ速やかに対応いたします。

  • ご予約
    8:30~18:30※土曜は12:00まで

    地域連携室 直通番号

    03-3399-0257

  • 緊急受診
    担当医師が対応いたします

    病院代表

    03-3399-1101

注力検査・治療

医師紹介

<医師をクリックすると詳しい内容をご覧になれます>

  • 小金井 博士

    Koganei Hiroshi

    下肢救済・フットケアセンター長
    循環器内科医長

    主な専門冠動脈疾患、末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症など)

    医師紹介

    下肢救済・フットケアセンター

    下肢救済・フットケアセンター長
    循環器内科医長

    小金井 博士

    Koganei Hiroshi

    入職
    2011年
    主な専門分野
    冠動脈疾患、末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症など)
    冠動脈・末梢血管カテーテル治療
    認定資格・所属等Qualification / Affiliation
    • 医学博士
    • 日本内科学会認定内科医
    • 日本循環器学会認定循環器専門医
    • 日本心血管インターベンション治療学会専門医
    経歴History
    1994年 東京医科大学医学部 卒業
    1994年 東京女子医科大学病院
    1996年 聖隷浜松病院
    2001年 東京女子医科大学病院
    2003年 東京都立府中病院(現 多摩総合医療センター)
    2008年 NTT東日本関東病院

    メッセージMessage

    患者様・開業医の先生方がご利用しやすい敷居の低さと素早い対応、地元で受けられる専門性の高い医療。これらを両立させるため、日々努力しています。

  • 早稲田 明生

    Wasada Akeo

    リハビリテーション科部長
    足の診断・治療センター長

    主な専門足の外科、スポーツ障害、骨折・外傷、フットケア

    医師紹介

    下肢救済・フットケアセンター

    リハビリテーション科部長
    足の診断・治療センター長

    早稲田 明生

    Wasada Akeo

    入職
    2012年
    主な専門分野
    足の外科、スポーツ障害、骨折・外傷、フットケア
    認定資格・所属等Qualification / Affiliation
    • 医学博士
    • 日本整形外科学会専門医
    • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医・スポーツ医・リウマチ医
    • 日本骨粗鬆症学会認定医
    • 日本足の外科学会評議員
    • 日本靴医学会評議員
    • JABO*1世話人
      *1:Japanese Association for Biological Osteosynthesis
    • 糖尿病手術手技研究会世話人
    • 米国足の外科学会*2会員
      *2:American Orthopaedic Foot and Ankle Society
    • JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)会員
    • 日本骨折治療学会会員
    • 日本整形外科スポーツ医学会会員
    • AAA*3世話人
      *3:Act Against Amputation
    経歴History
    1989年 産業医科大学医学部 卒業
    1989年 慶應義塾大学病院小児科
    1991年 慶應義塾大学病院整形外科
    1992年 静岡赤十字病院整形外科
    1996年 慶應義塾大学病院整形外科
    1997年 荻窪病院整形外科
    2003年 国際親善総合病院整形外科
    2006年 日仏整形外科学会交換研修生(France, Lyon, Clinique Emilie de Vialar)
    2007年 Netherland, Amsterdam, Academic Medical Center
    2009年 慶應義塾大学病院整形外科
    メディア実績・著書Media / Book
    • こどもを上手にみるためのルール20 医学書院
    • よく理解できる整形外科診療の実際 永井書店
    • 整形外科専門医になるための診療スタンダード 3 下肢 羊土社
    • 足の外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls) 文光堂
    • 新版スポーツ整形外科学 南江堂
    • 整形外科SSI対策―周術期感染管理の実際 医学書院
    • スキル関節鏡下手術アトラス 足関節鏡下手術 文光堂
    • 絵でみる最新足診療エッセンシャルガイド 全日本病院出版会
    • 今日の整形外科 治療指針 第7版 医学書院

    メッセージMessage

    “足の外科”とは“足首からつま先まで”すなわち“長靴に入る部分”を対象とする整形外科のひとつの専門分野です。“足の外科”では足・足関節の骨折・外傷、スポーツ障害、捻挫後の疼痛遺残、外反母趾、変形性足関節症、扁平足、関節リウマチによる足部変形および糖尿病による足部変形や感染など多くの疾患に対応しております。最近では内視鏡手術に力を入れており、術後の痛みも従来より軽度で済むのが特徴です。 “足”でお悩みの方、当院地域連携室にご相談ください。

  • 布袋 祐子

    Futei Yuko

    診療部長
    皮膚科部長
    TQM推進部長

    主な専門尋常性天疱瘡などの自己免疫性水疱症、アトピー、皮膚

    医師紹介

    下肢救済・フットケアセンター

    診療部長
    皮膚科部長
    TQM推進部長

    布袋 祐子

    Futei Yuko

    入職
    2005年
    主な専門分野
    尋常性天疱瘡などの自己免疫性水疱症、アトピー、皮膚科一般
    認定資格・所属等Qualification / Affiliation
    • 医学博士
    • 慶應義塾大学皮膚科学教室非常勤講師
    • 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
    経歴History
    1992年 慶應義塾大学医学部 卒業

    メッセージMessage

    当院では皮膚に生じた症状すべてを拝見します。
    実際の症状を皮膚科医が確認し、皮膚科的な疾患か否かを判断します。
    必要に応じ、他科や他院と連携をとりながら診療します。
    皮膚は内臓の鏡とも言われており、皮膚症状から他の内臓疾患や腫瘍などが見つかることもあります。
    治療のみならず、しっかり原因精査をする事も心がけておりますので、
    難治性の皮膚疾患がありましたら、お気軽に受診、ご紹介頂ければ幸いです。

    インタビューInterview

    皮膚科はどういった科ですか。

    皮膚科は文字どおり、皮膚に生じた症状を見る科です。頭から顔、体、手足の皮膚に生じた症状全てを拝見します。機械や器具を使わずに肉眼で見る事ができる範囲でしたら、まずは皮膚科が担当することになります。また、知られていないことが多いのですが、毛や爪の付属器も皮膚科が扱います。

    皮膚科の患者さんはどういった疾患の方が多いのでしょうか。

    皆さんにも馴染みがあるような一般的な疾患、例えば水虫、湿疹や蕁麻疹、ニキビやアトピーなどから、あまり馴染みのない感染症、炎症性角化症、遺伝性疾患、皮膚腫瘍、皮膚がん、膠原病、血管炎などの疾患まで幅広く診ています。当院はご高齢の方の皮膚腫瘍、皮膚がんが多い傾向にあります。入院は感染症の蜂窩織炎、帯状疱疹や、手術目的の皮膚腫瘍が多いですね。また、膠原病は内科の病気と思われがちですが、皮膚症状が先行することもあり、皮膚に何か異常が出て皮膚科から診断がつくことが多々あります。前述したように皮膚に生じたすべての症状を扱いますので、とても幅広い領域です。

    患者さんの幅が広いということは、ちょっとした症状から他の病気が見つかるというようなことがありますか。

    よく「皮膚は内臓の鏡」と表現されることがあります。皮膚の疾患には、皮膚だけにとどまっているものと、実は体の中に病気が隠れていて、信号のように皮膚に症状が出ることもあります。皮膚の症状から内臓のガンや大腸の疾患や他の全身性の疾患が見つかったりすることも多くあります。そういった意味では皮膚科医の役割は大変重要なものになります。

    イボや水虫くらいで総合病院の皮膚科に行ってもいいのかなとか思ったりしますがいかがでしょうか。

    当院の皮膚科の場合、イボや水虫に限らず一般的な皮膚病も拝見します。本当に単なるイボや水虫であれば総合病院に通院する必要はないと思いますが、例えばイボの場合に「長期治療していても軽快しない」、「液体窒素が痛くて耐えられないので、違う治療方法が無いのか?」などの疑問が生じた場合にはいつでも受診してください。また開業医の先生が「イボだとは思うけど、腫瘍を鑑別した方が良いので、ちょっと調べた方がいい」と思われた場合には、当院にご紹介いただき、必要な検査をいたします。一般的な皮膚病は当院の検査や治療で一旦落ち着きましたら、また近隣の先生方に逆紹介させていただくことが多いです。

    ほくろが心配な場合は、皮膚科にかかればいいのでしょうか。

    ほくろは皮膚科で拝見します。ご希望があれば、当院で切除する事も可能です。レーザー治療は行っていません。まず患者さんが「ほくろ」といって受診されたものの中には、本当のほくろと、良性の腫瘍、悪性の皮膚ガンが混在しています。2~3㎜の小さいほくろは心配ない事が多いですが、7㎜以上の大きさの物や、小さくても数年単位で増大傾向にあるもの、出血するものは受診していただき、ダーモスコピーという拡大鏡で拝見した方が安心です。ダーモスコピーの所見によって、問題ないと判断されれば一安心ですし、場合によってはさらに組織を取って性質を調べ、切除することもあります。

    総合病院の中の皮膚科ならではの特徴はありますか。

    総合病院ですので、外来における診療のみならず、採血、画像検査、生検などの精査から、さらに必要に応じ他科依頼、最終的に入院まで、最初から最後まで一貫して診て治療できる点が最も特徴的ではないでしょうか。午前に行っている外来の他、午後には特殊外来を設けており、そこで生検や小オペ、またステロイドや免疫抑制剤などの全身投与を行っている患者さんを拝見する時間に使っています。また他科入院中に生じた皮膚症状を依頼されて見に行くこともありますし、毎月褥そう(床ずれ)の回診を行っているのも総合病院ならではのことかもしれません。

    手術件数も多いですが、どのような手術を行っているのでしょうか。

    最も多いのは、粉瘤や脂肪腫などの良性腫瘍や母斑(ホクロ)の切除ですが、当院の特徴は皮膚ガンの手術が多いという点です。高齢者の患者さんが多いことが理由の一つかもしれません。とくに日光角化症という前ガン病変や基底細胞ガンという皮膚ガンの手術が多いです。ガンの種類によっては切除範囲が大きいため、単純に切って縫合するのではなく、皮弁形成術や植皮術を行う方もいらっしゃいますね。一方で、ご高齢の患者さんの皮膚ガンで、手術の適応がない方もいらっしゃいます。そういった方には特殊な外用剤で皮膚ガンを治療することがあります。

    荻窪病院ならではの皮膚科の特徴というものはございますか。

    私の方針として、何かに特化しているという事はありません。これには理由がありまして、当院の様な地域に根付いた総合病院では皮膚病全般をきちんと拝見できないといけないと思っているからです。しいて言えば、当院では他ではあまり行っていないイボの治療や、皮膚がんの外用療法を積極的に行っております。イボに対しては液体窒素以外にグルタールアルデヒド、モノクロロ酢酸などの治療も行っておりますし、手術が困難な高齢者の皮膚ガンには免疫調整薬の外用で治療することがあり、以前からこの治療を他施設よりも早い時期から多くの患者さんに行っております。

    皮膚科の外来について教えていただけますか。

    午前は2診で一般外来を行っております。予約の方優先で、その間で飛び込みの方を拝見しております。午後は予約のみの特殊外来で検査、光線療法、小手術などを行っています。外来は予約優先ですので、予約をされた方はそこまでお待たせしていないと思いますが、飛び込みの方は長いと数時間お待たせすることもあります。緊急性のない症状は一旦開業医の先生に診ていただいてから当院に紹介頂くと、予約もでき、比較的スムーズに拝見できます。

    外来は予約制とのことですが初診の方も予約ができるのですか。

    初診の方も予約制にしたいのですが、今のところは紹介状をお持ちの患者さんのみ、事前予約が可能です。ご紹介いただいた場合、紹介元もしくは患者様が前もって地域連携室にお電話いただければ予約が出来る仕組みになっています。その場合、皮膚科は一般外来を行っていない午後枠でも予約が取れるようにして、なるべく早く拝見できるように心がけています。

    皮膚科というと目に見える部分なのでデリケートな部分も大きいと思いますが、患者さんに対して心がけというか気にされていることはありますか。

    皮膚科はとても繊細な診療科だと思います。皮膚の症状は表から見えるため、その分患者さんの不安が大きいこともあります。患者さんの気持ちなど、様々なことに配慮しながら細やかに診察をするというところに尽きます。かゆみは痛みより辛いとも言われますから、そう言った事にも理解を示しながら、診療するよう心がけています。 また、診察時によく診てよく触ってよく話しを引き出し、よく聞くということも大切です。患者さんが自分では気がついていない大事な情報を持っている可能性があるので、なるべく色々な情報をいっぱい引き出すようにし、原因の特定や診断につなげるようにしています。

    最後に患者さんと地域の開業医の先生へ向けてメッセージをいただけますか。

    当院の皮膚科を必要としてくださっている患者さんでしたら、ちょっとした症状でも拝見させていただきます。こんな程度で行っていいのかなと思わず、皮膚に心配な症状が出たら遠慮なく当院を受診してください。 開業医の先生方には、「一般的な治療をしているけど難治性の方」や、「一度生検をお願いしたい」とか、「全身精査をしてもらいたい」とか、「総合的に診てほしい」という時にはいつでもご紹介いただければと思っています。特に生検、オペ、入院を積極的に受けておりますので、そういった適用の患者さんがいらっしゃったらいつでもご紹介いただければ大変うれしく思います。

  • 小池 雄太

    Koike Yuta

    医員

    主な専門糖尿病

    医師紹介

    内科・糖尿病内科

    医員

    小池 雄太

    Koike Yuta

    入職
    2017年
    主な専門分野
    糖尿病
    認定資格・所属等Qualification / Affiliation
    • 日本内科学会認定内科医
    • 日本糖尿病学会専門医
    • 日本内分泌学会会員
    • 日本医師会認定産業医
    経歴History
    1999年 大阪医科大学医学部 卒業
    1999年 京都大学医学部附属病院 内科研修医
    2000年 静岡市立静岡病院 内科研修医
    2002年 洛和会音羽病院 代謝内分泌科 医員
    2004年 京都大学医学部附属病院 内分泌・代謝内科 医員
    2005年 海老名総合病院・糖尿病センター 医員
    2008年 JCHO東京鎌田医療センター健康管理センター 医長、内科外来、嘱託産業医
    2016年 啓仁会新宿野村ビルクリニック 内科 院長、嘱託産業医
    2017年 医療法人財団南葛医協 扇橋診療所 副所長、内科、在宅往診

    メッセージMessage

    初めまして。2017年11月より荻窪病院 内科へ入職させていただきました小池 雄太と申します。
    これまで糖尿病をはじめ、生活習慣病の予防・治療を念頭に行って参りました。少子・高齢化が進む一方、疾病は複合的になって参りました。日々の日常臨床において、患者様への細かい問診・診察を行って参りたいと思います。

症例

下肢閉塞性動脈硬化症 カテーテル治療

下肢の血行再建による難治性潰瘍の治療を行っています。

診断:末梢動脈疾患(下肢閉塞性動脈硬化症)、左下腿・足部難治性潰瘍 

症例:左下腿および足部の潰瘍に対して他院にて治療を受けていたが、改善しないため、当科紹介。左ankle brachial pressure index (ABI) 0.47と低下を認め、末梢動脈疾患による血流障害により、潰瘍が難治性となっている(重症虚血肢)と判断した。血管造影上、左浅大腿動脈~左膝窩動脈遠位部閉塞を認め、血管内治療を行った。血行再建後、ABIは0.87に改善し、潰瘍は治癒傾向を示した。


▲下肢閉塞性動脈硬化症
血管内治療前(左)血管内治療後(右) 

糖尿病性足病変 トータルコンタクトキャスト法

重症の血行不全や糖尿病性神経障害を伴う難治性の足部潰瘍病変では、患者さんが歩行したまま通常の創傷管理を行っていては治癒までに長期間を要し治療が困難な場合が少なくありません。当院ではTotal Contact Cast(トータルコンタクトキャスト・TCC)というギプスを用いた治療を行っています。TCCとは、下腿から足部にかけてぴったりと成形されたギプスであり、足底にかかる負荷を軽減させ、傷の部分に圧迫がかからないようにした状態でギプス固定する手法です。患部を保護し固定してやることで創部の早期閉鎖が期待できる方法として海外ではすでに広く行われ、その有用性が報告されています。
 
シャルコー足は足部に生じる骨、関節破壊性の関節症であり、多くは糖尿病長期罹患患者に発症します。急速に進行する関節破壊とそれに不相応に軽度の疼痛を特徴とし、足部、足関節の不安定性、および足部アーチの扁平化や足首周辺の著明な変形を生じます。
急性期の保存療法として、当院ではTotal Contact Cast (TCC)を行っています。また、進行してしまった変形に対しても潰瘍や感染の発生を予防する目的で手術治療を行っています。

▲Total Contact Cast勉強会の様子

2016年度実績

重症虚血肢(CLI)による入院患者数 31例 うち、血行再建術実施例 24例(血管内治療 18例、バイパス術 6例)
フットケア外来 のべ受診者数 290人

学会発表

タイトル 筆頭演者 発表年月 発表学会名
講師 早稲田 明生 2017.1 Arthrex Cadaver Seminars
労作時息切れと心電図異常にて当科紹介となった2例 小金井 博士 2016.12 練馬区循環器懇話会
浅大腿動脈ステント早期閉塞に対し、catheter-directed thrombolysis を併用したEVTが奏功した一例 小金井 博士 2016.11 第24回末梢血管画像・血管内治療研究会
腓骨筋腱脱臼に対する鏡視下手術-解剖学的修復を目指して 早稲田 明生 2016.11 第17回日仏整形外科学会
足関節骨折の術前単純X線画像から脛腓間の不安定性の予測は可能か? 早稲田 明生 2016.11 第41回日本足の外科学会
両側大腿骨非定型骨折を生じた一例 早稲田 明生 2016.10 第18回日本骨粗鬆症学会
インソールは疲労骨折の発生を予防出来るのか? 早稲田 明生 2016.9 第30回日本靴医学会
奥深い足関節脱臼骨折 Weber-B 早稲田 明生 2016.8 63回JABO(Japanese Association for Biological Osteosynthesis) 研修会
第2回内科医・小児科医のための身体機能評価ワークショップ 講師 早稲田 明生 2016.7 第16回Haemostasis研究会
労作時息切れと心電図異常にて当科紹介となった2例 小金井 博士 2016.5 内科医会臨床検討会
末梢動脈疾患に対する血管内治療~重症虚血肢を中心に~ 小金井 博士 2016.2 TOWN meeting
シャルコー関節の治療戦略 早稲田 明生 2016.2 第14回日本フットケア学会
sFA-CTO 小金井 博士 2016.1 Terumo Peripheral Intervention Seminar
下肢の動静脈疾患における診断と治療~深部静脈血栓症と閉塞性動脈硬化症を中心に~ 小金井 博士 2015.11 荻窪循環器カンファレンス
当院におけるフライバーグ病の治療 早稲田 明生 2015.10 第40回日本足の外科学会
下肢閉塞性動脈硬化症の急性憎悪に対し、外科的血栓摘除術と血管内治療の併用により、再灌流に成功した一例 小金井 博士 2015.10 練馬区循環器懇話会
(講演)TCC概要とチーム医療~歩きながら早く治すTCCとは!!PT・OT・看護師のう役割~ 早稲田 明生 2015.7 第7回日本下肢救済・足病学会
「TCCハンズオンセミナー」
距骨骨軟骨損傷における自家骨軟骨移植の経験 早稲田 明生 2015.6 第7回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
急性下肢動脈閉塞に対する外科的血栓摘除および血管内治療のcombination therapy~その有用性と留意点~ 小金井 博士 2015.6 第21回末梢血管画像・血管内治療研究会
Fogartyカテーテルによる血栓摘除術不成功後のEVTに難渋した急性下肢動脈閉鎖の一例 小金井 博士 2015.5 第46回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会

Page Top