受診される患者さんはこちら

お電話でのお問い合わせ03-3399-1101(代表)

膝関節センター

診療体制

膝関節センターでは、人工膝関節置換術などの手術を必要とする患者さんを中心に、膝疾患の診療をしています。外来は予約制になっておりますが、緊急性の高い患者さんの当日受診・転院も積極的に受けております。ぜひ地域連携室までご連絡願います。

当センターへ患者さんをご紹介頂く際のお願い
膝の専門医へのご紹介の際は、「膝関節センター」または、「竹内」宛てで診療情報提供書を作成いただき、予約をお取りいただけますようお願いいたします。
予約の電話は、患者さんからも承っています。

ご予約・緊急受診

地域連携室 直通番号

03-3399-0257

(平日8:30~17:00 ※土曜は12:00まで)

医師紹介

<医師をクリックすると詳しい内容をご覧になれます>

  • 森山 一郎

    Moriyama Ichiro

    膝関節センター長
    整形外科医長

    主な専門膝関節

    医師紹介

    整形外科

    膝関節センター長
    整形外科医長

    森山 一郎

    Moriyama Ichiro

    入職
    2018年
    主な専門分野
    膝関節
    認定資格・所属等Qualification / Affiliation
    • 医学博士
    • 日本整形外科学会専門医
    • 日本整形外科学会研修指導者
    • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
    • 日本人工関節学会
    • 中部日本整形災害外科学会
    • Ligament reconstruction seminar
    • UKA seminar
    経歴History
    1990年 島根医科大学医学部 卒業
    1990年 慶應義塾大学病院 整形外科
    1991年 慶應義塾大学関連病院を複数勤務
    2002年 University at Buffalo, The State University of New York
    2003年 米国New England Baptist Hospital
    2004年 済生会宇都宮病院 整形外科
    2006年 けいゆう病院 整形外科
    2008年 済生会宇都宮病院 整形外科
    メディア実績・著書Media / Book

    ・手術数でわかるいい病院 2014 朝日新聞出版
    ・手術数でわかるいい病院 2015 朝日新聞出版

    メッセージMessage

    健康の維持には歩けることは大切なことですが、ひざ関節が丈夫であることは重要な要素です。ご高齢の方であれば関節軟骨の変性、骨の変形などによる変形性膝関節症になりやすく、その予防、そして人工関節、骨切りなどによる治療を行っています。また若い方であればスポーツなどによるけがで膝関節の軟骨、半月板、靭帯などをいためることがありMRIなどによる診断、保存的または手術などによる治療をおこなっています。

注力疾患

当センターの注力疾患

特徴

以下の最先端技術の導入を進めております。

  1. 3D術前計画オーダーメイド手術ガイド作成システム
  2. 三次元術前計画ソフト(Athena)

2016年度実績

人工膝関節置換術 69
半月板切除・縫合術(関節鏡下) 21
前十字靭帯再建術(関節鏡下) 11
その他 36

学会発表

論文タイトル 著者 発表年月 掲載誌名
UKAの術後膝蓋大腿関節障害に対して鏡視下滑膜切除を施行した1例 竹内 弘毅 2017.2 第47回日本人工関節学会
長期間看過された両膝樹枝脂肪腫の1例 竹内 弘毅 2016.7 第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
TKA内反膝と外販膝に対する手術法の違いについて 竹内 弘毅 2016.3 3nd MOK Seminar
保存療法の奏功した膝蓋大腿関節の離断性骨軟骨炎の1例 竹内 弘毅 2015.6 第7回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

Page Top