ホーム > 診療科紹介 > 放射線科

診療科紹介

放射線科

治療方針
スタッフ紹介

診療方針

放射線科は、荻窪病院に来院される患者さんにとって他の科と比べると最もなじみの少ない科と思われ、実際にどんな業務が行われているかはなかなか分からないのではないでしょうか。 ここではまず、“放射線科”とはなにかを簡単に説明致しましょう。 歴史的に見て、放射線科は最初放射線治療を行うことを主たる目的として独立した科となりましたが、現在では『放射線科』に含まれる領域は大きく分けて3つに分かれます。まず、腫瘍に対し高エネルギーの放射線を照射することによって患者さんを治療する『放射線治療』、放射線を発生する物質(ラジオアイソトープ:RI)を厳重な管理のもとで検査または治療に使う『核医学』、X線を使った検査から始まり現在ではあらゆる手段を駆使して形成された画像から患者さんの病気を見つけ出し診断する『画像診断』とに分かれ、最近ではさらに画像診断から派生した特殊な手技を利用して患者の治療につなげる分野(インターベンショナルラジオロジー)も発展しつつあります。

診療体制

当院では広範囲な検査とあらゆる画像診断をおこなっております。 その中で、荻窪病院放射線科の業務は『画像診断』に限定しておりますが、 具体的には、

・XP(一般X線検査)
・CT(X線コンピュータ断層検査)
・MRI(核磁気イメージング検査)
・IVR(インターベンショナルラジオロジー)
など広範囲にわたる検査を自ら行っております。

さらに、他院に依頼されたRI(アイソトープ検査)・PET(ポジトロンエミッション検査)などあらゆる画像に対する診断も業務の一環として範囲に含めております。 当放射線科のおもな業務にはほかに、荻窪病院でX線検査を受ける患者さんへの「不要な被爆」を防止するために適切な対策を講じることも含んでおり、院内各科医療従事者に対し医療被曝に対する啓蒙活動を行っております。

放射線科の取り組み

病病・病診連携による画像診断の活用

現在の保険診療制度において病院診療所間の連携が強力に進められる中、荻窪病院においても、杉並区を中心とした近隣の医療施設にMRやCTを共用して頂いております。これら画像診断機器の共用に際して、当院地域医療室を介して他医療施設から放射線科への直接依頼という形をとることにより、それら近隣医療施設を受診された患者さんが荻窪病院を直接受診された患者さんと全く同様、希望の日に検査を予約することが可能となっております。 さらに、検査で撮影されたフィルムに加え、できるだけ正確でかつできるだけ有用な情報を画像診断書の形で患者さんを紹介して頂いた医療施設に直接迅速にお返ししております。実際の検査にあたっては、放射線科宛に提供された紹介書の中の情報をもとに、患者さんそれぞれに対し最も適切な検査となるように計画し、必要にして最小限の費用になるよう常に注意し心がけております。 紹介書をいただいた件数は2013年度 1389件となっております。

診療科紹介

診療予定表

アクセス
交通案内

病院案内