ホーム > 診療科紹介 > 心臓血管外科

診療科紹介

心臓血管外科

治療方針
スタッフ紹介
治療実績

心臓血管外科開設のご挨拶

2008年春、心臓血管センターの開設に伴い、心臓血管外科が開設されました。心臓血管外科とは、文字通り心臓や血管の外科的治療を専門に行う診療科で、具体的には心臓のバイパス手術や弁膜症の手術、大動脈瘤手術や末梢血管の手術などを行います。心臓、大動脈、末梢動脈のほとんどの疾患について当センターで治療することが可能となりました。当センターの循環器内科で検査を受けて手術が必要と診断された方はもちろん、他の医療機関で心臓や大動脈の手術を勧められた方や緊急手術が必要な方も積極的に受け入れて心臓血管病治療における地域中核センターの役割を果たしていきたいと思っています。

心臓血管センターについてはコチラの別サイトでも詳しく案内しております。

当院が指定を受けている東京都CCUネットワークのホームページはコチラ


診療方針

 心臓血管センターの外科部門として循環器内科と協調しながら診療を行います。 循環器内科で検査を受けて手術が決まった方はお待たせせず速やかに手術を実施し早期退院、社会復帰していただくよう努めます。他の医療機関で検査を受けて当院を紹介された方も同様です。緊急手術要請も可能な限りすべてお受けしています。

取り扱う疾患と手術

心臓血管外科は成人の心臓病、血管病の手術を行っています。

狭心症・心筋梗塞 ・ 冠動脈バイパス術 ・左心室瘤切除術 ・心室中隔穿孔閉鎖術
弁膜症
・ 弁置換術  ・弁形成術
 
胸部/腹部大動脈瘤
・ 瘤切除人工血管置換術
 
解離性大動脈瘤
・ 人工血管置換術
 
閉鎖性動脈硬化症
・ 下肢動脈バイパス術
 

自己心膜を利用した大動脈弁形成術のご案内

当センターでは大動脈弁膜症の患者さんに対して自己心膜組織を用いた弁形成術を行っています。この方法は病気で悪くなった大動脈弁を切除し、代わりに心膜という心臓を包んでいる薄い膜を利用して元の形どおりの新しい弁を作り直すという画期的な方法です。この手術の最大のメリットは人工弁などの異物を使わず自分の体の組織だけを利用して行うために術後の異物反応が起こらず、またその反応を押さえるための強い薬を飲む必要もないことです。加えて、人工弁を移植する方法に比べると弁口面積(血流の通り路)を大きくすることができる、感染に強い、経済的、弁の開閉音が静か、など多くのメリットがあり、現在当センターでの大動脈弁膜症の手術はすべてこの方法で行っています。 大動脈弁疾患でお悩みの方は是非一度ご相談下さい。


大動脈弁形成術の動画案内

手術方法
AVP術前エコー
AVP術後エコー
グルタルアルデハイド処理した自己心膜から三つの弁尖を切り抜き、これらを弁輪に縫い付けて大動脈弁を作製する。 大動脈弁狭窄症の手術前心エコー弁が硬く肥厚しており可動性がほとんどない。弁口面積の計測値は0.46平方センチである。 大動脈弁形成術後の心エコー
自己心膜で作成した弁の動きは良好である。弁口面積は2.46平方センチと大きく増加している

心臓血管外科 メール相談

診療科紹介

診療予定表

アクセス
交通案内

病院案内