ホーム > 荻窪病院について > 院長あいさつ

病院について

院長あいさつ

荻窪病院は1936年に設立された中島飛行機付属病院を前身として、長年地域の皆様に信頼される病院を目指してまいりました。これからも地域の中核病院であることを自覚し、病院の基本理念である安心で信頼される医療を提供するために、立ち止まることなく常に前進してまいります。安全で適切な医療を行うには、医師・看護師をはじめ全職員が常に向上を目指すことが大切であり、温かいケアを行うためには患者さんの心情を理解するためのコミュニケーションを充分とり、病気を抱える人とそれを癒す者の心のつながりが大切です。医療技術と接遇を両輪として、より良い病院を目指してまいりますので宜しくお願い申し上げます。

病院長 村井信二

昭和62年 東海大学医学部卒業

平成16年 千葉大学医学部大学院卒業

昭和62年 慶應義塾大学 外科学教室入局

平成21年9月 荻窪病院 病院長就任

平成23年4月 慶應義塾大学医学部客員教授(外科学)

院長村井

当院はセコム医療システム提携病院です

セコムグループは、1962年日本初のセキュリティ会社としてスタートしました。 セキュリティサービスの根本にあるのは、お客様の「生命と財産」を守ることです。当院は2007年より、セコム医療システムと提携し、信頼される「医療・介護・健康サービス」を社会に届けるべく、日々努力しております。

セコム医療システム提携医療機関

日本医療機能評価機構認定病院

荻窪病院は、公益財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価3rd.G ver.1.1の更新審査を2016年2月に受審し、2016年6月3日付で認定を受けました。
当院は2006年に初めて認定され、今回3度目の更新認定となります。これに気を緩めることなく、地域の皆様に選ばれ続ける荻窪病院であるよう、より安全・安心な医療を提供してまいります。

日本医療機能評価機構認定病院

病院について

診療予定表

診療受付

アクセス
交通案内

病院案内