ホーム > 部署一覧 > 訪問看護ステーション

病院について

訪問看護ステーション

− 住み慣れた自宅で療養生活を送りたい −

 ≪ そんな方々を対象に看護師をご提供するサービスです ≫

訪問看護とは

寝たきり、またはこれに準ずる状態の在宅療養している患者さんで、かかりつけの医師が訪問看護を必要と認めた方のお宅を訪問して病状に応じた看護を提供します。 利用できる方に年令の制限はありませんが、主治医(かかりつけ医)の指示書が必要です。通院が困難な方を定期的に訪問し、医療的な処置や経過観察を行ったり、介護されている方の相談にも応じています。 なお、かかりつけ医のいない方や療養生活でご相談を希望される方は当ステーションにお気軽にお問合せください。

一般的な利用条件とは

<必須条件>
・主治医(かかりつけ医)の「指示書」がある
※訪問看護を必要と認めた方が対象です
<要ご相談条件 (下記の方でもサービスを受けられる可能性があります)>
・通院が困難で医療的な処置が必要である
・自宅にて経過観察中である
・急性期病院を退院したが、合併症がある

主なサービス内容

主なサービス内容

訪問看護に関する助成制度について

医療保険

要支援・要介護と認定された方のうち、末期がんの場合、厚生労働大臣が認める疾病等、また、急性憎悪期の訪問看護は、医療保険を利用することになります。 その他、要支援・要介護に該当しない方、40歳までの医療保険加入の方なども、医療保険から訪問看護を受けていただくようになります。

介護保険

要支援・要介護の認定を受けた方が対象となります。
まずは、区市町村に申請、要介護認定を受ける必要があります。 区市町村の窓口に申請後、認定調査、審査を経て要介護認定を受けることができます。 その後、訪問看護を受ける方一人ひとりにそったケアプランを作成し、訪問看護がスタートします。 当訪問看護ステーションには、介護の専門知識を持った介護支援専門員がおり、ケアプラン作成についてご相談をお受けしています。なお、ご相談は無料です。

営業日及び営業時間

部署案内

診療予定表

診療受付

アクセス
交通案内

病院案内